アラフィフで目覚めた!心が軽くなる魔法のブログ

アラフィフ、人生の折り返し地点を過ぎました。今まで頑張って生きてきたけど、これからは楽しくワクワクすること、好きなことを探して生きていくブログです。

30年以上前の恋愛ベタな私のバレンタインの想い出

 

今日はバレンタインデー

 

あー・・・もう30年以上前になるのね。

高校時代のバレンタインを思い出しました。

 

 

 

 

当時、片思いだった彼は同じクラスでスポーツ系部活のキャプテン。

 

部活やってる姿がそりゃあかっこよくて顔もよくて

外見にあこがれてた私。

 

友達には

「まるこはほんとさ~ 男を見る目がないねえ。

あんな性格悪い男のどこがいいの?」とからかわれてた。

 

そうなの、見た目はよかったのだけれど、性格が悪くて(‘◇’)ゞ

あまり好かれてはなかったわね。

性格が悪いとわかってても好きなものは好き

どうしようもないんです。好きになったら、

「恋は盲目」なのです。

 

イケメン男子が好きなのは、このころから変わってない私。

だって~・・きれいなものにあこがれるのよ!

今もキムタクや福山雅治が好きなのも、きれいだから

きれいなものは見てるだけで幸せになれるのです



そんな高校時代、

やっぱり好きな男子にチョコをあげたい!!

告白して両思いになる見込みは0.1%もないだろう

彼女になりたいとかではなくて、とにかくチョコをあげることが目標だった。

 

バレンタイン当日、部活終了後待ち伏せ・・・

 

ドッキドキ

はっ 彼が来た来た

 

胸の高鳴るのを感じながら

「あの・・・、これ」

と震えながらチョコを渡した。

 

すると、彼は

もらって当然みたいな態度で

 

「はい。」と言った。

 

ん?はい?って何?

普通さ、ものをもらったら「ありがとう」じゃないの?

はいはい、もらってやるよの「はい」か?

 

そっけない、優しさも常識もない彼のことを

当時はやっぱり好きだったけど

高校卒業したとたん、嘘みたいに熱が醒めた。

 

今では高校の友達の間でも笑い話になるくらい

男を見る目のない私の想い出話。

 

なんであんな男好きだったんだろうねえ。

まあ、それなりにバレンタインを楽しめたのでよしとしよう。

 

f:id:cherryblossom2019:20200213210750j:plain



今年は職場のおじさんたちに義理チョコをあげます。

 

息子に毎年チョコをあげてきたけど

果たして母からもらうチョコはうっとうしいかね?

チョコ好きな息子は喜んでくれるかね?

 

どうしようかな~

息子にチョコも今年で卒業かな?