アラフィフで目覚めた!心が軽くなる魔法のブログ

アラフィフ、人生の折り返し地点を過ぎました。今まで頑張って生きてきたけど、これからは楽しくワクワクすること、好きなことを探して生きていくブログです。

規模縮小だけど卒業式行われました(*^-^*)

今日は昨日までの雨の天気と打って変わって

晴天、暖かい日となりました。

 

今日は息子の高校の卒業式。

先週、学校の休校が発表され、その影響もあってか

規模を縮小して行われることになりました。

 

卒業式が中止にならなくてよかった・・・

 

 

規模縮小ということで、参列者は卒業生と保護者のみ

全員マスク着用と、入り口にアルコール消毒を配置しての卒業式。

 

式次第もいくつかカットされ、時間短縮のようです。

 

卒業生入場はカットされ、すでに卒業生は着席状態。

一人一人の卒業証書授与もカット、

でもどうやら先週の卒業式練習で、授与が行われたようで

その様子をスクリーンに映し出してくれていました。

 

今年はこんなことになって

せっかくの卒業式も残念だったなあ・・

卒業生本人たちはかわいそうだったなあと思っていたけど

 

規模縮小の中で学校の配慮でいろいろ工夫され、

感動の卒業式となりました。

うるうる・・

 

あー・・この高校でよかったよ。

特別支援学校ではなく、普通の高校卒業ができた。

履歴書にも「〇〇高校卒業」と書けるね(^^)/

 

f:id:cherryblossom2019:20200302221949j:plain

 

 

うちの息子はどうだったかな?

私たちの時代の卒業式は泣く子が多かったけど

息子のクラスの子はみんな笑顔でした。

 

 

3年間、よくがんばったね。

 

 

息子は療育手帳を所持している軽度の障害児。

息子のクラスは全員療育手帳を持っている。

ということはクラスみんな軽度の障害をかかえている。

 

でもね、みんな立派だったよ。

 

卒業後は半分はもう就職する子もいるの。

 

スーパーやガソリンスタンドや・・

 

すごいよね、社会人になるんだよ。

 

 

うちの息子は一応高校卒業するけど

就労移行支援であと2年、この学校にお世話になる。

また4月からここに通うんだけど、

それでも高校卒業というのは一つの区切り。

卒業だけどまた新たなスタートでもあるね。

 

友達と談笑する息子。

家では見せない違った顔。

友達もできてよかったね。

 

卒業式の後はクラスでの最後のホームルームがあり、

もう今日で会えなくなる子もいるけど

息子は寂しがることもなくずっと笑顔だった。

 

この息子の笑顔はきっと、クラスでも

癒しを与えてたはず。

私も何度となく息子の笑顔に癒されてきたんだもん。

 

 

4月からは就労を目指しての勉強が待っている

働いて自立した社会人になれるよう、

さらに仕事の技術を学んでいく。

社会性も学んでいく。

すべて自分でできるように。

 

うん、息子は大丈夫(*^-^*)

親が死んでもちゃんと自分で生きていけるよ。

 

卒業おめでとう。

これからも陰ながら応援するね💛