アラフィフで目覚めた!心が軽くなる魔法のブログ

アラフィフ、人生の折り返し地点を過ぎました。今まで頑張って生きてきたけど、これからは楽しくワクワクすること、好きなことを探して生きていくブログです。

田舎への帰省で感じたこと。(ちょっと愚痴)

まるこです。

 

みなさんのブログを拝見すると、

楽しくお正月を過ごされているみたいですね(^^)/

 

 

私はというと、この年末年始は私と夫の実家へ帰省しました。

 

簡単に車で帰省できるとことではありません。

まずは交通手段でも一苦労💦

 

まず最初に母の生家の仏壇に手を合わせることができました。

一つ目的がクリア!

f:id:cherryblossom2019:20200102234405j:plain

それからやっと我が家へたどり着き。

もうすでに関東から帰省している姉が昼間から料理にとりかかっています。

私もすぐに荷物をおろし、お正月を迎える準備のお手伝いです。

 

家の掃除、神棚の掃除

そして今夜の夕食の準備です。

 

次の日は

正月用のお餅を餅つき機で大量に作ります。

餡子も作り餡子餅も作ります。

そして夕飯の準備

家族の人数が多いので大量に作らないといけないのです。

 

・・・

冗談抜きでずっと働いておりました💦

私の母親は私や姉たちに家事をやってほしい人

やってほしいのだけれど自分のこだわりがあるので

横からいろいろ口出ししてきます(◎_◎;)

・・・ずっとです。

家事をやってほしいなら、私たちに任せてくれればいいのに。

でもここで母に反論しようものなら

何倍にもなって返ってきます。

それがわかっているので、私も姉も、はいはいと

母の言うことを聞いております。

まだ若かったらね、反論もするけど

高齢の母にきついことは言えません。

きっと母は今まで我慢の生活をしてきたのでしょう。

 

でも

昔からこんなにぐちぐちいう母だったのか

もう高齢で体のあちこちに支障がでてきてそうなったのか。

 

ぐったりと心身ともに疲れました。

 

2日間、ゆっくりする間もなく、私の実家で過ごし

今度は夫の実家へ移動です。

 

夫の実家でも大みそかから正月にかけて

夫の姉家族がやってくるので

今度はその準備にとりかかります。

 

夫のお義母さんは自分で何でもやりたい人なので

私たちが行ったときにはいろいろと準備はすんでいました。

私にも指図することはないのですが

お皿やコップの準備、盛り付け、などなどやることはたくさん。

大人数が集って一緒に食事をするのです。

そりゃ疲れますよ💦

そしてみんなが帰った後には片づけが待っている。

 

夫のお義母さんももう高齢なのに

愚痴一つ言わずにみんなにもてなす姿

私にはまねできないと思いました。

でも心の中では「嫁よ、もてなすのはあなたの番だ。」

と思ってるかもしれません。

 

田舎の家なので、家事のかってが悪い。

手間もすごくかかる。

でもこの環境で義母は何十年もやってきている。

 

私も結婚していい妻になろうと

一生懸命がんばろうとしてきたけど

どうやら私は親族をもてなすために

年末からお正月まで家事をずっとこなし

自分はヘトヘトになる生活はできないと思いました。

 

なにもそんなに、正月を迎えるためにやらないといけないのか?

 

餅つきだって、世間から言わせれば

つきたてのお餅があっていいわねと思われるかもしれないし

親族がみんなそろって正月を迎えられて幸せなのかもしれないけど

お餅はお店に売ってますよね?

 

大みそか、お正月の料理だって

その準備のために、前日から準備をするなんて

昔ながらの料理で食べる人は喜ぶかもしれないけど

 

お店にもオードブル的なもの売ってるじゃないですか?

 

そこまでせんでもいいんじゃないんですか?

 

おもてなしが好きな人はいいんです。

 

まだ私も自分の家で自分流にもてなすのはいいです。

 

でも田舎の実家での昔ながらのやりかたで正月を迎えるのは

私には合わないなあとつくづく感じたのです。

 

正月だからといって、特別なことしないで

平常運転で平和に過ごしたいなあ。

 

そんなことで

私のお正月はやっと3日からということで☆

楽しみます。